観光

はなわの祭

流灯花火大会

『『『『『流灯花火大会1』の画像』の画像』の画像』の画像』の画像

 

塙の灯籠流しは、故金沢春友さんの記録によると、金沢さんが常豊村長であった昭和五年七月末(当時常豊村長)に、当時の常豊小学校長と職員、塙の青年会の尽力により始められた行事とされています。

その後年々受けつがれ、精霊供養はもとより、花火打上げ、盆踊り大会などが併せて行われてきましたが、新暦となり、8月16日に行われるようになり、さらに他町村との行事のかかわりから、現在の8月15日に開催されるようになりました。毎年、手作りの大型灯籠と花火の競演を見物に、内外から多くの人が訪れる賑やかなお祭りです。

 

 

 

 

宕(あたご)神社大祭

『『『愛宕神社大祭1』の画像』の画像』の画像

 

本社の愛宕神社は京都にある火伏の神様であり、戦後、重ねて大火災があったため、昭和27年、祭典復興の大祭礼が行われ、現在でも、3年に一度大祭が行われている、水かけ祭りと呼ばれる行事です。御輿の担ぎ手は地元の消防団員達で、桜木橋を往復する際に、消防団がホースで御輿めがけて一斉に放水します。また、沿道の人々からバケツやホースで水をかけられることもあります。神輿の渡御には、古式の行列をもって賑やかに行われ、町民に親しまれている祭りです。

 

 

お諏訪(すわ)さま

『『『おすわさま』の画像』の画像』の画像

 

伊香地区で、100年以上前から続けられているというお祭りです。毎年7月中旬ごろに開催されています。夕方になると若者が神燈を手にして、区内の家々を巡りますが、家の中を土足のまま駆け抜ける奇祭となっており、テレビ番組でも紹介されました。

 

 

 

 

出羽(でわ)神社大祭

『『『『出羽神社大祭2』の画像』の画像』の画像』の画像『『出羽神社大祭1』の画像』の画像』の画像』の画像

塙町の羽黒山にある出羽神社は、山形県羽黒山の出羽神社の御分霊を祀り、古くから塙三か村(竹ノ内村、塙村、下渋井村)の総鎮守とされ、現在でも守り継がれています。3年に一度の大祭は11月上旬に行われており、大人たちが引く大きな山車は、子どもたちをのせ、賑やかな御囃子の音とともに、町中を練り歩きます。

 

 

鐘揉(かねもみ)祭

『鐘揉祭』の画像

この祭は、四月祭と呼ばれ、現存する台宿薬師堂の本尊でありました、米山山頂の薬師本尊を、山頂から梵鐘とともに台宿の薬師堂に運び、4月7日の宵祭りから10日にわたって行われていた祭礼に由来しています。現在では、3年に一度開催されており、梵鐘を丸太二本に結んで、多くの若者たちに担がれ、鐘を打ち鳴らしながら台宿地内の道中を揉み合い、練り歩きます。昭和39年に、米山山頂の本尊が焼失し、しばらく祭礼は途絶えていましたが、その後再興されました。旧暦の4月8日が米山開山の日と伝えられていますが、現在は新暦となり、5月の連休に開催されることが多くなっています。

 

 

八朔(はっさく)祭り(米山薬師祭典)

『『薬王寺1』の画像』の画像』の画像

 

台宿地区で、旧暦七月晦日の夜から八月朔日の朝にかけての行われていた祭礼行事で、八月朔の日の祭、八朔祭りと呼ばれ親しまれてきました。かつては、内外から沢山の人が訪れ、米山にあった本尊を拝したあと、夜には盆踊りが行われ、夜明けまで踊り明かされたという、供養盆踊りの大祭でした。

現在では、麓にあったお仮屋が本尊となっており、祭りの日は寺の近くに出店が並び、区の内外から人々が訪れる、伝統的な祭礼行事となっています。

 

 

塙町観光協会のホームページもご覧ください

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせはまち振興課です。

〒963-5492 福島県東白川郡塙町大字塙字大町三丁目21番地

電話番号:0247-43-2112(地域づくり係・商工観光係)、0247-43-2118(農林振興係) ファックス番号:0247-43-2137

メールでのお問い合わせはこちら