くらし

わが家の耐震改修をしてみませんか

木造住宅耐震改修補助希望者を受付中!

 平成23年に発生した東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)以降、5年以上経過した今でも余震や誘発地震が各地で発生しており、比較的安全といわれてきた福島県でも油断は禁物です。
 
 そこで町では、耐震リフォーム工事に助成を行う、「塙町木造住宅耐震改修助成事業」を実施しています。これは、住宅の地震に対する安全性の確保・向上を図り、震災に強いまちづくりを推進するために、町に木造住宅を所有・居住する方に対し費用の一部を助成する事業です。

 この機会にわが家の耐震改修をしてみませんか。皆さんのご利用をお待ちしています。

■補助対象住宅

塙町内に存在する木造住宅で、下記のすべてに該当する住宅
(1)所有者が自ら居住する住宅
(2)昭和56年5月31日以前に工事着手された住宅で、在来軸組工法、伝統的工法、枠組壁工法等による3階建て以下の住宅
(3)平成17年7月1日付けの福島県木造住宅耐震診断(一般診断法)実施要領又は同要領に準拠して耐震診断を実施した結果、耐震基準を満たさない住宅
(4)補助金の交付決定年度内に、耐震改修工事が完了する住宅

■補助事業のお申込み

耐震改修補助を希望される住宅の所有者は、7月31日(月)までに次の書類をまち整備課に提出してください。
(1)塙町木造住宅耐震改修支援事業補助金交付申請書
(2)付近見取り図、配置図、平面図(現況及び補強後)基礎伏図、耐震補強詳細図
(3)工事着手前の写真
(4)木造住宅耐震診断報告書の写し
(5)見積書の写し(全体工事費及び対象工事費のわかるもの)
(6)実施設計時の耐震計算書
(7)建築士免許証の写し
(8)納税証明書(家族全員分)
(9)その他、町長が必要と認める書類

■補助金の額

補助金の額は、工事の区分により下記のとおりとなります。
(1)一般耐震改修工事:耐震改修工事に要する費用の1/2以内(上限1,000,000円)
※一般耐震改修工事⇒耐震診断の結果、上部構造評点が1.0未満の住宅を1.0以上に補強又は改修する工事
(2)簡易耐震改修工事:耐震改修工事に要する費用の1/2以内(上限600,000円)
※簡易耐震改修工事⇒耐震診断の結果、上部構造評点が0.7未満の住宅を0.7以上に補強又は改修する工事
(3)部分耐震改修工事:耐震改修工事に要する費用の1/2以内(上限600,000円)
※部分耐震改修工事⇒耐震診断の結果、上部構造評点が0.7未満の住宅を部分的な居室の補強又は改修工事で、福島県知事が定める技術基準に適合する工事

■その他

事業は先着順での対応となります。予算に限りがありますので、ご希望されます方はお早目にお申込みください。
 
 
 

関連ファイルダウンロード

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせはまち整備課 施設整備係です。

電話番号:0247-43-2117 ファックス番号:0247-43-2122

アンケート

塙町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?